lineup
 

ベイシスは、医院様のICT化を実現するための製品を多数取りそろえております。
導入実績のある製品や導入可能な製品をご紹介いたします。 

診療予約/順番表示/診察券発行 

「予約Suite/Bee問診サポート」 


・ORCAとの連動が可能
・ORCAへのチェックイン機能
・7インチタッチパネルで小型・省スペースを実現
・診療科目を選択可能
・R1-ORCA64とシームレスな連携
・バーコード/磁気データ、両方の運用に対応 
 
導入費用:概ね 400,000円(税別)~ 
 
LinkIconパンフレットを表示 


r1orca

「R1-ORCA64/R2-ORCA」診察券発行システム


ORCA診療レセプトシステム(Online Receipt Computer Advantage)から、 
LAN接続されたカードリーダライタへ直接、診察券を発行できるソフトウェアとハードウェアのセットです。
 ubuntu14.04 64Bit対応
 リライトカードを利用すれば、予約情報の記入も可能です!
  ORCAの予約情報をそのまま活用可能です。
  
導入費用:概ね 500,000円(税別)~  
 ※機器本体・ワンライトカード3000枚・カード印刷諸費用含 


FVP10NS2

「FVP10NS」音声案内付受付票発券機


かんたん、小型、ECOな発券機
 メリット1:ユーザーの待ち時間の『イライラ』を少ない投資で解消!
 メリット2:お名前で呼ばないので、個人情報をきっちりガード!
 メリット3:かんたん初期設定のみで、すぐに運用!
 
注)ORCAとは連動しません!
 
LinkIconパンフレットを表示 


カルテくんⅡ

「カルテくんⅡ」保険証読取チェッカー 


「カルテくんⅡ」は、保険証の画像内容を解析し、
ORCAに登録し、「患者登録」画面で確認できるシステムです。
 
合わせて、保険証を解析した結果が現在使用している保険証と比較し、
同じか、変更が有ったか確認することもできます。
さらに、公費受給者証や関係画像も保存し履歴管理をすることができます。
  
導入費用:概ね 350,000円(税別)~
年間継続使用料及びサポート料:36,000円(税別) 
 
LinkIconパンフレットを表示

電子カルテ

credo

「Dr.CREDO/Ob.Gy」


クレドメディカ社:産婦人科電子カルテ 
日医標準レセプト連携 自動予備問診機能付 電子カルテDr.CREDO/Ob.Gy(産婦人科用)には周産期管理機能、妊娠カレンダー、入院管理機能などがあります。 

 

診察券発行、再来受付、予約システム、院内表示システム、PACS画像管理などの連携機能も豊富です。 


mwave

「m-WAVE2.0」 


デジタル・オフィス社:訪問・往診電子カルテ
m-WAVE2.0電子カルテシステムは、タッチパネルなどの入力装置を主体とし、PCに不慣れな職員様でも、電子化に対応できる易しい設計。
 
画面切り替え等のレスポンススピードは、高速!
 
m-WAVE2.0はCLAIMインターフェースを標準実装しており、ORCAや他社のシステムとの運用ベースでのオンライン連携が可能です。
 
全データ持ち出し型 往診カルテだから
患家への往診、施設への往診、往診車の移動中等々、通信環境に左右されずご利用頂けます。臨時往診が入った場合や、患者様からの問い合わせ。いつでもどこでも電子カルテを閲覧、入力を行って頂けます。気密性が高く、高圧縮性のデータベースソフトの採用により実現しました。


odp

「OpenDolphinPro」 


ライフサイエンス コンピューティング社:オンプレもクラウドもOK
OpenDolphinProは、2000年に経済産業省の支援を経て、開発が始まつた日本唯一のオープンソース電子カルテ「OpenDolphinPro」をベースにした商用版電子カルテです。
マルチプラットフォームで使用でき、WindowsPCはもちろん、医師の利用が多いMac上でも動作し、更に今話題のiPad、iPhoneにもいち早く対応しました。
 
低価格で始められる「ローカルモデル」とインターネットを利用する「クラウドモデル」との2種類をご用意しております。
ローカルモデルは院内で運用し、導入コスト、ランニングコストを抑えられるコストパフォーマンスの高いモデルです。(年20万円~、ハードウェア別)
 
クラウドモデルはカルテデータをインターネット上に保管するため、バックアップ作業や機器メンテナンス等の運用負担を大きく減らします。安心のセキュリティ体制で大切な患者様のデータは一切洩らしません。


annyys

「ANNYYS_Developer版」


エムシス社:FileMakerProベースの電子カルテ
エニーズ・ディベロッパー版(以下、ANNYYS_D版と記す)は、ANNYYSのコンセプト(だれでも、どこでも、どのようにでも)を受け継ぎつつ、どの診療科でも使えるようにした『電子カルテソリューション』です。
 
だれでも・・・
ANNYYS_D版は、医師であれば誰でも利用できます。電子カルテの基本的な機能をわかりやすいインターフェイスで装備しているため、簡単な操作方法を覚えるだけですぐに使い始められます。 また、日レセ(ORCA)との対話機能も標準で装備し、簡単な設定を行うだけですぐにシステム連携が可能です。ANNYYS_D版の導入により院内の業務効率が飛躍的に向上します。
 
どこでも・・・
ANNYYS_D版はFileMakerProをベースとした電子カルテソリューションです。そのため、WindowsやMac OSのどちらの環境でも同じように動作します。使い慣れた端末を利用して院内ネットワークを構築できます。さらに、FileMaker Go(無料)を使ってiPadやiPhoneなどのデバイスにも対応します。
 
どのようにでも・・
ANNYYS_D版は、自分のスタイルに合わせてデザインやレイアウトを変えることができ、新しい機能を追加することも可能です。FileMakerに関する知識や経験があれば必要なデータの抜き出しや加工もごく簡単なことです。
 
もし、ご自身で行うことに不安がある場合は、ANNYYS_D事務局までお気軽にご相談ください。
どんなことができるのか?どうすればできるのか?についてご相談頂けます。
ANNYYS_D事務局は、パートナーであるFileMakerディベロッパーをご紹介することもできますので、きっとご要望にお応えすることができるでしょう。  


wine

「WINE STYLE」


SJメディカル社:Macユーザ様用
電子カルテ「WINE STYLE」は、現役の医師が診察室内での仕事の省力化を考えて開発した製品です。そのため、カルテ部門に特化したシステムになっています。
 
医事側(医療事務)の求めるニーズと臨床現場側の求めるニーズとは、おのずと差があります。カルテを記載しているのか、医療事務部門を入力しているのかわからなくなるような電子カルテシステムでは診察に支障をきたしてしまいます。
 
カルテ記載は、診療という非定形な業務に基づいて行っているため、
記述方法やパターンなど、各医師ごとに異なります。
 
電子カルテ「WINE STYLE」は、使い手である医師の診療スタイルにあった設定が可能です。
他の医師が設定した環境では使いにくいと感じるほど、自分だけの環境を作ることができます。
診療に必要な部分を最大限カスタマイズすることで、カルテ入力時間を短縮し、
診察時間を今まで以上に充実させることができます。
 
「電子カルテを導入したら、診察の効率が悪くなった」
そんな声を私たちは聞きたくありません。
マウスのクリック数が最小限になるような操作方法を意識して、開発を行なっています。
診察の邪魔をせず、効率的に診療する、そんな当たり前のことを実現しました。  


movacal

「movacal.net」


NTTエレクトロニクステクノ社:訪問・往診用電子カルテ 
完全クラウド型電子カルテ、モバカルネットはクラウド型電子カルテです。 
タブレット端末、ノートパソコン、スマートフォンなどお好きな端末で、時間、場所を問わずご利用いただけます。 
オフライン対策も万全ですので、カルテ入力中に電波が届かなくなっても、過去カルテ、検査結果の閲覧ができますし、入力した内容が消えることもありません。 
医師が診療に出かけている間、院内で医事が同時に使うこともできるので、院内作業の効率化が進みます。
 
問診型入力・定期入力
問診型入力が可能なため、患者様とお話ししながらカルテ入力することもできます。また入力した内容を診療レポートとして出力し、患者様に渡すこともできます。 
定期処方、定期算定項目機能を使用することで、決まった内容を自動で入力できるようになり、入力時間を削減することができます。


fkaetet

「エフ・カルテット」


 ニューウェイブ社:産婦人科用電子カルテ 
スタンダード版(クリニック様から総合病院まで幅広く対応する電子カルテ版)と、ライト版(助産院様やクリニック様で妊婦健診記録のペーパーレス化など一部の業務を電子化する支援システム版)をご用意しております。
 
情報が電子化されることで、医師やスタッフが必要とする情報へのアクセスが素早く行えます。
それにともない、院内の情報伝達(コミュニケーション)が効率化されますので、スタッフが本来すべき業務に集中でき、患者さまと接する時間も長く取れるようになります。
 
妊娠カレンダーや妊婦健診結果を印刷して患者さまにお渡しすることで、インフォームドコンセントをより充実させることができます。
患者さまとのコミュニケーションが深まり、それによって患者さまの医療行為に対する理解も深まり、共に周産期を管理していくことができます。
また、貴院様への満足度向上や増患・集患のお役にも立てます。


clipla

「クリプラ  Clipla」


クリニカル・プラットフォーム社:登録患者数100名まで、月額利用料は0円
クリプラ、それは進化し続けるクラウド電子カルテ医療者の視点で作りこんだユーザーインターフェース! 
マニュアルを必要としないシンプルな画面設計
クリプラのこだわりは、医療者の誰もが簡単かつスピーディーに操作できること。 
本当に電子カルテとして必要なエッセンスを、シンプルな3つのパネル構成で実現いたしました。 
患者さんの状況を「見える化」
患者さんの来院からお会計までの流れをカード形式で表示。 
ドラッグ&ドロップでカードを移動させることができるので、スムーズな患者対応を実現します。


digikar

「Degikar デジカル」


デジカル社:クラウド×低価格を実現した電子カルテ
デジカルは、最新のテクノロジーを投入して、ゼロから作り上げた電子カルテです。
システムとしては、裏側では最新理論に基づいた様々な技術的な工夫を行い、従来の電子カルテでは使われていないような高い技術を使っています。
表側として先生に利用頂く際には、シンプルでサクサク動く操作感を実感頂けるようになっています。
 
医療に集中できる環境づくりをサポート
電子カルテは記録という要素が強いツールです。システムでもサポートできる「記録」は、デジカルを使っていただくことで、入力時間を大きく削減できます。
先生方には、診療という先生方にしかできないことに注力いただける環境の実現をサポートします。
 
従来の電子カルテから大幅にコスト(費用・手間)を削減
デジカルは、従来の電子カルテと比較するとかなり低コストで利用いただけます。
低コストを実現するために、開発・営業・サポート全ての面を工夫して、高い品質を維持しながら、効率化を図っています。
 
自動学習機能の仕組み
一人の患者だけの学習ではなく、カルテに入っている全患者の学習が反映されることで先生の好みの処置行為を学習します。


intequa

「liteカルテシステム for Medifo-SC」


インテクア社:有床診療所・小規模病院様向けシステム
有床診療所向けliteカルテシステム for Medifo-SC
操作性を重視、シンプル設計による直感操作性を重視した電子カルテです。
機能満載な電子カルテと異なり、文字を書く代わりに入力電子保存するといった電子化の原点となる考え方がベースとなったシステムです。
更にオーダーリング機能(実施チェック付)や病床管理・看護支援といった病床業務もしっかりサポートしております。


drkartex

「DoctorKarte X」


蓼科情報社:ORCA一体型クラウド電子カルテ 
DoctorKarteX(ドクターカルテエックス)は、クラウド型電子カルテ(NOA X)・レセコン(クラウドORCA)など、医院運営に必要な統合クラウドサービスです。
まだ「電子カルテ」の呼び名すらなかった1985年当時、ひとりの医師が日本で初めて電子カルテを開発しました。
 
「紙カルテで出来ることは全て出来なくてはならない」
「紙カルテより使いにくくてはならない」
「紙カルテにできないことが出来なくてはならない」
 
この理念を追求し開発された電子カルテは、日本における電子カルテの歴史のはじまりとなりました。そして今、32年の歳月を経てクラウドの先のAIへ、伝説の電子カルテのイノベーションがはじまります。今回NOA Xは、蓼科情報がNOAをベースに商用版として独自に開発したクラウド型の電子カルテのブランドです。

診療支援

mdi

「メディカルドメイン社」関連商品


<KOBOLD>
院内の検査機器から出力される検査結果データを各社電子カルテへ連携することにより、外注検査と院再検査の結果データを統合。 
<Pandora>
検査センターから連携された検査結果をオンライン配信することにより、検査センター業務とドクター診療業務を効率化。 
<PAW>
検査センターから連携された検査結果を、いつでもどこでもリアルタイムに参照できるWeb版検査結果照会サービス。 
<ERIS>
検査センターから出力される検査結果データを、各社電子カルテフォーマットへコンバート。依頼データのコンバートも可能。 
<MIMAS>
各社電子カルテからの検査依頼データを、検査センターフォーマットへコンバート。
院内でのスピッツラベル出力も可能。 
<IMX>
医見書に登録されている患者属性情報を簡単な操作でMCSへ登録。
独自の多職種連携向け資料の作成も可能。 
<FMX>
パソコンが無くても医療SNSに参加できる!FAXを利用してMCSのタイムラインに投稿。 
<ReceiptChecker>
毎月たったの15分で病名漏れ、コメントの点検、請求漏れを見つけて修正!レセプト点検を行うすべての人のために。


rsbase

「RS_Base」


RS_Baseとは、院内で発生する各種画像データ、レントゲン・内視鏡・超音波などをファイリングする機能はもちろん、心電図、血液データ、投薬歴、肺機能検査、聴力検査などの数値データをファイリングし、診療を支援するためのグラフ化機能、異常データ摘出などのデジタルファイリングならではの機能が満載の総合診療支援ツールです。
 更に電子カルテDynamicsはもちろん、その他の電子カルテやレセコンと連携することにより、多くの医療機関様で強力な診療支援ツールとしてご使用されています。
 
 LinkIconパンフレットを表示


proscan

「ProScan for ORCA」ORCA専用アンチウイルスソフト


ウイルス対策は大丈夫ですか?
ORCAを導入されている医療機関において、サーバー/クライアントでの利用を想定してORCA専用に開発されたセキュリティ製品です。
 
レセコンの情報には、患者様の多くの情報(全てが重要機密情報であると言えます)が含まれており一旦ウイルスに感染し情報の改ざんや漏洩が行われた場合、致命的な打撃を受ける事になります。
 
ProScan for ORCA は大切なレセコン情報をウイルスから守ります! 
 
■ スキャニングエンジンとして、第三者機関が行う数々のテストで常に好成績を収めているドイツAvira社のウィルススキャンエンジンを採用 しています。
■ 容易に操作可能なGUIを搭載し、各種操作・管理設定等をGUIで簡便に行う事が可能 です。
■ ProScan for ORCAの初期導入・設定および運用に関するサポートは、弊社が担当いたします。
■ 導入後の実運用の際に、必要に応じてリモートアクセスによるメーカー・テクニカルサポートを提供いたします。 
 
希望小売価格:39,000円(税別)~
 
 LinkIconパンフレットを表示


suisui

「医業経営分析 suisui分析(病院・診療所向け)」 


医業収益の3期分析が出来ます。
 ・入院/入院外/全体の個別分析可能
 ・保険収入分析
 ・レセプト件数分析
 ・実日数分析
 ・レセプト単価分析
 ・レセプト件数・単価遷移分析
 ・回転数分析
診療行為別比率分析が出来ます。
 ・入院/入院外/全体の個別分析可能
 ・月別の診療行為比率分析
 ・年別の診療行為比率分析
 ・3か年の診療行為比率分析(プロット)
 ・3か年の診療行為比率分析(棒グラフ)
医業収益の月次分析が出来ます。
 ・入院保険点数分析
 ・入院外保険点数分析
 ・保険収入計算表
レセプト電算対応
 ・ORCA含めレセ電対応レセコンに対応
 ・ORCAからの過去データ取込可能。
 
希望小売価格:50,000円(税別)~ 
 
LinkIconパンフレットを表示
 
LinkIcon申込書を表示 


windy

「薬袋・手帳・薬情発行システム(病院・診療所向け)」


当システムからは薬袋、お薬手帳、薬情、水薬ラベルの中から必要な帳票をお選びいただき発行することが可能です。
全ての帳票においてレイアウトがお好みで変更できます。
 
操作は簡単!
印刷したい項目をお選びいただき、画面を見ながら位置や大きさを設定するのみ。
 
導入費用:概ね 400,000円(税別)~ 
 ※薬袋6,000枚(A5)2.1円~、(B5)3.2円~、(A4)4.0円~
月額サポート:5,000円(税別)~


orp700

「ORP-700/ORP-700S」お薬手帳ラベル発行


ORP-700 :お薬手帳印刷プログラム
ORP-700S :処方控え印刷プログラム
1巻約56m1回10cm印字しても約560枚印刷可能
  
導入費用:概ね 170,000円(税別)~ 
ラベル10巻:3,000円(税別)
月額サポート:1,000円(税別)~ 


mighty

「Mighty Checker PRO」


レセプトオンライン時代の必須ツール!ORCA連携可能!です。
ORCA上でレセプト作成処理を行い、ORCA版マイティーチェッカープロのデータ参照を起動し、ORCAデータベースからレセプトデータを取得して点検・結果表示・印刷を行います。
点検結果を参照しORCA上で必要な修正を行います。
マイティーチェッカークラウドも好評です。 
  
下記のQRコードからもお申込できます

 
mcc

 
 LinkIconパンフレットを表示


fuga

「レセプトチェッカーFUGA」


なんと、毎月たった15分で病名漏れやコメントの点検、請求もれを見つけて修正できるのです。
多くの人が「レセプト点検業務に追われて大変」「レセプト残業」は仕方のないことだと思っています。
レセプト点検のソフトウェアについて、費用対効果や、導入して定着するまでのことなどについて正しくわかる人はほとんどいません。

たいていの人々は、変化を恐れ、先月と同じ、普通のレセプト点検業務をしています。
返戻も査定も減ることはありません。

初期登録費用:50,000円(税別)
月額使用料 :  4,000円(税別)

LinkIconパンフレットを表示


dd

「ドクタードキュメント:紹介状作成ソフト」


診療ではなく、文書作成に時間をとられていませんか!?
 ・紹介状(診療情報提供書)の発行が多い。
 ・文字を書くのが苦手。パソコンがあまり得意でない。
 ・ワード、エクセル等で紹介状(診療情報提供書)を作成している。
 ・以前発行した内容から一部変更の書類作成が多い。
 ・以前データを作ったはずなのに、どのファイルかわからない。
⇒そんな時は、ORCAと繋がるAD Dr.Documentにおまかせ!!
 
希望小売価格:79,800円(税別)
 
LinkIconパンフレットを表示


orp700

「MI_CAN」診療情報提供書および診断書作成ソフト


MI_CANは、紹介状・診断書の作成だけではなく、医療連携用のデータ作成機能を持ち、電子カルテ等のHIS(Hospital Information System:病院情報システム)をもたない中小規模の医療機関においても地域医療連携に参加できる環境を提供いたします。
 
LinkIconパンフレットを表示


その他

datarescue

「Basisデータレスキュー」


データ復元とは 
パソコンやサーバーなどのハードディスクが「認識しない」「起動しない」「異音がする」や「データを誤って消してしまった」など様々な不具合、障害からデータ復元いたします。 
 
個人でも安心して利用できる低復旧料金
 
ハードディスク(シングルディスク)
軽度論理障害の場合:使用OS問わず、ディスク容量500GBまでの軽度論理障害
 初期診断料金0円+固定復元料金80,000円(税別)+送料(税別)
 
物理障害の場合 :使用OS問わず、ディスク容量500GBまでの物理障害
 初期診断料金0円+復元料金100,000円~350,000円(税別)+送料(税別) 
 *RAID構成(2台以上)の場合や、至急対応は別途料金となります。
 *ディスク全体容量が500GB以上の場合は別途見積となります。 


erasermist
 

「イレイザー・ミスト」


イレイザー・ミストのココが凄い!
 ・噴霧器を使用すると「連続除菌」ができる
 ・カビの繁殖を「抑制」できる
 ・アルコールでは効かない菌も「しっかり除菌」
 
イレイザー・ミストは、除菌・消臭効果はもちろん、花粉やカビの不活性化にも効果的、専用噴霧器またはスプレーを使用して空気中にイレイザー・ミスト水を直接噴霧することで、驚異的な除菌・消臭力を発揮します。 ウイルス対策から花粉やカビの不活性化まで、その効果はご家庭をはじめ、ホテル・飲食店・教育施設、病院、老人福祉施設などでも高く評価されています。